アジアシリーズ感想

コナミカップ2005 第1回アジアシリーズが昨日終わりました。
まあ、大方の予想通り日本代表でもあり、今期プロ野球を制した「千葉ロッテマリーンズ」が優勝しました。


まあ、個人的見解としては私のファンでもある阪神がふがいなかったとはいえ、それでも4タテをして日本一をものにしているのだから、はっきりいって優勝して当然というものです。


相手3チームは、決勝の韓国は想像とおりでしたが、台湾と意外とギリギリのところで争っていたなという印象です。
もう少し、韓国が抜きん出ていたかと思われていたのですが・・・・


あと中国に関してはプロ自体の歴史がとても浅いので、今回の結果は致し方なしといったところです。これからの発展に期待しましょう。
まあ、それでもロッテが中国に関して控えメンバー主体でやらせたのは何となく不満・・・
相手を見下した感じは否めないです。


来年の第2回は、ぜひとも阪神が出場してアジア一を勝ち取ってくれることを期待します。